• ホーム
  • 転職した途端太った人の効率的な痩せ方

転職した途端太った人の効率的な痩せ方

転職を期に太ってしまった場合、まずは「なぜ太ったのか」を解明することが必要です。
過去にも太った経験があるなど、体質的に太りやすいことを把握できていれば原因を解明することは難しくありませんが、それまでに太っていた経験がない人にとってはとても難しい作業になる可能性もあります。

転職をしたわけでもなく、何ら変わらない生活の中で太ってしまった場合はまだしも、転職がきっかけとなっている場合は「ストレス」や「仕事環境、生活環境の変化」が大きく関係している可能性が高いです。
もちろん、本当に何が原因になっているのかは状況ごとに違い、その原因を明確にすることが大切です。

人によって太りやすい体質の人と太りにくい体質があります。
転職を理由にストレスを感じたり、生活習慣が変化してしまったことが原因で太ってしまう人は、環境に慣れてくれば自然と痩せる可能性も十分にあります。
むしろ、あえて痩せ方を研究してしまうと体調を崩してしまう可能性もあるので注意しましょう。
ただ、転職に関係なく太りやすい体質の人は、太らないための方法を勉強することも大切ですが、それ以上に「効率的な痩せ方」を覚えることが大切です。
「効率的」という定義や認識の違いがあるので一様に表現することは簡単ではないものの、座り仕事や立ち仕事などの環境に合わせて効率よく運動量(代謝量)を増やすことがポイントになります。
立ち仕事の人は必然的に運動量が多くなりやすいのでそれほど問題はありませんが、座り仕事(デスクワーク)の場合は意識的にカロリーを消費する様に意識しなければいけません。
特に、体質的にエネルギーを溜め込んでしまう人は、他の人よりも多くカロリーを消費することを目標にしましょう。

それでは、デスクワーク中でも簡単にできるダイエット方法をいくつか紹介していきます。
自分が働いている環境に合わせて適切な方法を選択、もしくは組み合わせていくようにしましょう。

デスクワーク中にできるダイエット法

デスクワーク中は必然的に運動量が少なくなるので、意識的に運動量を増やすことがポイントです。
たとえば、椅子に座りながら両足を交差して浮かせ、上の足を下方向に押し、下の足を上方向に押すような動きをすると軽い筋トレになります。
片側30秒~1分ほど続け、少し休んで足を入れ替えて繰り返していくと、大腿四頭筋~腹直筋までの筋トレをすることができます。

そのほかには、座っている姿勢を維持しながら少しだけお尻を浮かす動きをすることも効果的です。
いわゆる「空気椅子」に近い形になりますが、下半身全体の筋肉を刺激することができるので多くのカロリーを消費する出来ます。

オフィスワーク主体の環境では、お菓子を摘みながら働ける環境も少なくありません。
お菓子の種類にもよりますが、必要以上にカロリーを摂取してしまうとダイエットの妨げとなってしまうため、できる限り間食をしないように心がけることも大切です。

また、筋トレが難しい場合にはストレッチをする方法も効果的です。
ストレッチは、単に体をリラックスさせるためだけの方法だと認識している人が少なくありませんが、本格的にストレッチを行うと体中の代謝が促進されて大きくカロリーを消費することができます。
筋トレとストレッチを上手に組み合わせて体中の代謝を促進し、効率良くカロリーを消費していくように意識しましょう。

最後に、筋トレやストレッチを意識すること、カロリーコントロールをすることは非常に大切です。
しかし、デスクワークの場合は「姿勢の悪さ」が原因で太ってしまうことも少なくありません。
特に、姿勢が悪いことが原因の場合は「皮下脂肪」として体に蓄積しやすく、いわゆる「メタボ」になってしまいやすいので注意しましょう。